小児歯科について

  • お子さんの歯を むし歯から守りましょう
  • 歯医者に慣れることから はじめましょう
  • 妊婦さんのお口の 健康を守ります

お子さんの歯をむし歯から守りましょう

お子さんの健康を願わない親御さんはいらっしゃらないでしょう。「健康の入り口」といわれるお口の健康も、
全身の健康と同じように重要です。お子さんがむし歯になってしまうと、歯やお口の中に悪影響がおよぶだけ
でなく、食欲がなくなったり、効率的な消化吸収が妨げられたり、栄養が不足したりすることが考えられます。
成長期のお子さんにとっては大問題ですよね。

そうならないように、歯が生えてきたらまず小児歯科にかかりましょう。ご自宅での毎日のケアと定期的な
歯医者さんでのケアでお子さんの歯をむし歯から守る――。「新飯塚いとう歯科クリニック」の小児歯科では、
そのためのお手伝いをしています。

小児歯科とは
小児歯科は、簡単にいえば成長期にある子どものむし歯を予防・治療したり、必要に応じて歯並びや
噛み合わせを整えたりする診療メニューです。乳歯から永久歯への生え替わりや成長・発育に関する
知識だけでなく、治療を通しての子どもとの適切な接し方や親御さんへの丁寧な教え方なども
求められます。一般歯科とは違う専門知識が必要とされるのが小児歯科です。

小児歯科に対する当院の考え

歯医者への通院には、大人でも苦手意識を持たれている方(通称「歯医者嫌い」の方)が少なからず
いらっしゃいます。歯医者嫌いになってしまうと、歯科医院へ気軽に行けなくなってしまい、それが痛みなどの
症状を我慢したり放置したりしてしまうことにつながります。そうなるとさらに痛い治療・難しい治療が必要に
なるばかりか、最悪の場合は歯を失ってしまうことも――。そうならないようにするには、お子さんを
「歯医者嫌い」にさせないことが大切です。

筑豊エリアの歯医者「新飯塚いとう歯科クリニック」では「歯医者さんは楽しいところ」とお子さんに感じて
もらい、積極的に通ってもらえるような場所にしたいと考えています。お口の健康は、一生の健康を左右する
ポイント。医師もスタッフも笑顔を心がけ、お子さんも親御さんもみんな笑顔になれるような小児歯科診療を
目指します。

子どもがむし歯になる原因

子どもがむし歯になるには、子どもの歯特有の理由があります。

乳歯はむし歯になりやすい

子どもの歯(乳歯)は大人の歯(永久歯)に比べて表面のエナメル質が薄く、むし歯になりやすいという特徴が
あります。またエナメル質が比較的やわらかいので、むし歯による浸食が早く、一度むし歯にかかるとどんどん
進行してしまいます。

食べカスが溜まりやすい

子どもの歯は大人の歯に比べて溝が多く、深い形状になっています。そのために食べカスが溜まりやすく、
みがき残しもできやすくなります。みがき残した部分は、むし歯菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

歯みがきがうまくできない

歯の汚れ(歯垢)を落とすには、毎日の正しい歯みがきが欠かせません。ですが、子どもの場合はその技術が
未熟なため、どうしてもみがき残しが起こりがちです。この「まだ歯みがきがうまくできないこと」が、
子どもがむし歯になりやすい原因のひとつになっています。

むし歯にさせないための処置

子どものむし歯を予防する処置にはフッ素塗布やシーラントがあります。

歯質を強くするフッ素塗布

フッ素には歯の再石灰化を促し、歯質を強くする働きがあります。そのため、生えたてのやわらかい乳歯にフッ素を塗布することでむし歯の予防効果が期待できます。細菌の繁殖を抑える効果もあるフッ素。3~6ヶ月ごとの定期健診で継続的に塗布することがむし歯予防の効果を高めます。

あらかじめ溝を埋めるシーラント

むし歯ができやすい奥歯の溝を、レジン(歯科用プラスチック)であらかじめふさぐのがシーラントです。
歯を削らない処置ですので痛みはありません。このシーラントは生活をしている中ではがれてしまうことがありますので、定期健診でのメンテナンスがおすすめです。

お問い合わせはこちら

  • 食生活習慣が子どもの虫歯に大きく影響します。
  • 治療をがんばった子どもには、ガチャガチャができるご褒美があります。

歯医者に慣れることからはじめましょう

予約

歯医者に「痛い」「怖い」といったイメージを持つと足が遠のいてしまい、歯が痛いのに我慢したり放置したりして、むし歯などの病気を悪化させる原因になってしまいます。そのまま放置すれば痛くて難しい治療が必要になるばかりか、歯を失ってしまう可能性もあるのです。

そういった歯医者への苦手意識は、小さな子どものときに植え付けられます。そこで福岡県飯塚市の歯医者「新飯塚いとう歯科クリニック」では、小さなうちから歯医者に慣れ親しんでもらい、健康な歯を育む取り組みを行っています。こちらでは、お子さん歯医者嫌いにならないためのポイントをご紹介します。

当院では治療をがんばったお子さんにはガチャガチャができるコインをプレゼントするなど、「お子様が楽しみながら通院できる環境とはどんなものか?」を常に考えながら運営しております。

歯医者に行く前に気をつけること

ポイント1子どもに慣れた歯医者に通いましょう

予約

歯科医院は普段の環境とは違うので、それだけでお子さんは緊張してしまいます。そこでキッズルームで遊べたり、個室でゆっくり治療ができたり、お子さんが落ち着いて処置を受けられる歯医者さんを選びましょう。歯科医師やスタッフが子どもに慣れていることも大切なポイントです。

ポイント2歯医者にいい印象を持ってもらいましょう

悪いことをしたお子さんに「歯医者さんに連れていくよ」のような叱る親御さんがいらっしゃいます。そうすると、お子さんは歯医者に行く前から、歯医者は「怖いところ」「痛いところ」というマイナスイメージを持ってしまい、歯医者に行けなくなってしまいます。歯医者へのネガティブな印象を植え付けないようにしてください。

ポイント3歯医者に行く大切さを教えましょう

歯医者に行く前には、お子さんに「歯の大切さ」「歯科医院の必要性」を丁寧に教えてあげましょう。「むし歯になるとごはんを食べられなくなっちゃうよ」「歯医者さんはむし歯を退治してくれる場所なんだよ」のように、ご来院前にはわかりやすく教えてあげてください。ご来院いただく数日前から歯科医院に行くことをイメージしてもらうことが大切です。

歯医者に行ったときに気をつけること

ポイント1まず親御さんがリラックスしましょう

予約

親御さんの緊張は、お子さんにも伝わってしまいます。ですからご来院の際は、まず親御さんがリラックスすることが大切。歯科医院についたら、普段のようにお子さんとおしゃべりをしながらリラックスしてお待ちください。

ポイント2歯医者に慣れることからはじめましょう

はじめての歯医者は緊張してしまうので、少しずつ慣らしていくことが重要です。最初は治療をせずにお口の中を診てもらうだけ、次はブラッシング、そして予防処置や治療のように、あせらずに少しずつ進めていきましょう。

ポイント3お子さまの話を聞いてあげましょう

歯医者での予防処置や治療は、お子さんにとっては不安なことばかりです。私たちは、少しでもお子さんの声に耳を傾けるようにしています。そこで親御さんも声をかけて、お子さんの話を聞いてあげましょう。

診察後に気をつけること

ポイント1叱らないであげてください

予約

歯医者で緊張してしまい、診療をうまく受けられないことはよくあることです。ときには泣いてしまうこともあるかもしれません。そんなときは叱らずに、「次はがんばろうね」とやさしく接してあげてください。

ポイント2しっかりと褒めてあげましょう

診療を終わったら、「よくできたね!」「がんばったね!」とちょっと大げさなくらい褒めてあげましょう。また自宅に帰ったら、ご家族みんなで褒めてあげることで、お子さんは次もがんばろうという気持ちになります。

ポイント3歯医者さんの話を自然にしましょう

ご自宅では、歯医者であったことをご家族みんなで聞いてあげましょう。「掲示物のキャラクターの話」「ご褒美にもらったガチャガチャ」など、楽しかったことなどを聞いてあげることで、お子さんにとっていい思い出になり、次回の通院が楽しみになります。

痛くない「予防」からはじめましょう

歯医者嫌いになる理由は、歯を削ったり、麻酔注射を打ったりといった治療が原因という場合がよくあります。むし歯の治療では歯を削るので、どうしても痛みを感じてしまいます。当院では、痛みのない予防処置からはじめることをおすすめしています。むし歯にならないように予防をすることで、痛い治療を受けることなく、健康な歯を維持することができます。「痛くない治療」が歯医者嫌いにならないためのポイントです。

妊娠すると、つわりがはじまったりホルモンバランスが変化したりすることから、お口の中はむし歯や歯周病に
なりやすい環境となってしまいがちです。そして妊婦さんのお口のトラブルは、赤ちゃんの健康にも影響を
与えてしまうことがあるので注意しましょう。

「妊娠中に歯科治療は受けられない」と思っている方もいらっしゃるようですが、そんなことはありません。
福岡県飯塚市の歯医者「新飯塚いとう歯科クリニック」では、妊娠中のお口の状態をチェックしていただくための
妊婦歯科健診を行っています。万全の健康状態でかけがえのない赤ちゃんをこの世に迎えるためにも、
ぜひ妊婦歯科健診をご活用ください。

妊婦歯科健診とは

元気な赤ちゃんを出産するためには、妊婦さんの心身の健康が欠かせません。「健康の入り口」といわれる
お口の中も同じこと。妊娠中はむし歯や歯周病になりやすいのですが、それを放っておいてしまうのは、
妊婦さんにもお腹の赤ちゃんにも危険です。妊婦さんが歯周病にかかると、早産や低体重児出産の危険性が
通常の約7倍になるという報告があり、またお母さんがむし歯だと赤ちゃんにむし歯がうつる可能性が
高まってしまいます。

そこで、出産前にお口の中の状況を把握し、適切な処置をして毎日のケアに役立てていただくために行うのが
妊婦歯科健診です。これは妊婦さんだけでなく、生まれてくる赤ちゃんの健康のための歯科健診でもあるのです。

妊娠中の歯の環境

妊娠すると体内の女性ホルモンが増加します。この女性ホルモンには、細菌への抵抗力を抑えてしまう働きが
あります。また、お口の中は唾液の分泌量が減少するので、浄化作用が低下。妊婦さんのお口の中は、むし歯や
歯周病などのトラブルを起こしやすくなります。

加えて、つわりになると酸味が強い物ややわらかくて食べやすい物を好むようになる傾向があります。また、
少しずつしか食べられなくなると食事の回数が増え、“お口の中に何もない状態”が少なくなりがちに。さらに、
歯ブラシをお口の中に入れるのもためらわれるくらい気分が悪くなることもあります。こうした要因が重なる
ことで毎日の口腔ケアが不十分になり、結果としてむし歯や歯周病になりやすくなってしまうのです。

妊娠中の歯科治療について

受診時期について

「安定期」と呼ばれる妊娠中期(5~7ヶ月)でしたら、特別な治療を除いて通常の歯科治療を受けて
いただけます。つわりや早産・流産を起こしやすい時期である妊娠初期(1~4ヶ月)や母体に影響をおよぼす
可能性がある妊娠後期(9ヶ月~臨月)は、緊急を要しない限りはお口の中の衛生指導のみにとどめるほうが
よいでしょう。

レントゲン撮影

私たちは日常生活の中で自然に放射線を浴びています。歯科治療で行われるレントゲン撮影の放射線量は、
それに比べればごく微量です。子宮から離れているうえに防護エプロンを使用しますので、胎児への影響は
ほとんどありません。やむを得ない場合のみ使用しますが出来る限り赤ちゃんに影響が出ないよう配慮した
治療をすすめます。

投薬

抗生物質や鎮静剤の使用には注意が必要です。やむを得ない場合にのみ使用することもありますが、基本的には
できるだけ使用しない方向で考えます。もし使用する場合は、妊婦さんの通っている産婦人科の先生に確認して
から使うことがほとんどです。

麻酔

歯科治療で使用する麻酔は局所麻酔ですので、母体や胎児への影響はほとんどありません。ただし、以前に
歯科治療での麻酔で気分が悪くなった経験がある方は必ず医師に伝えましょう。

抜歯

出産後まで延期が可能であれば、それまでは抜歯を行わず応急処置にとどめます。どうしても抜歯が必要な
場合は、安定期を選んで処置を行います。

お問い合わせはこちら

  • 初めての方へ
  • 小児歯科について
  • お子さんを歯医者嫌いにしないために
  • 妊婦歯科健診
  • 予防・メンテナンス 口臭治療
  • 予防・メンテナンス 口臭治療
  • 虫歯 歯周病
  • ホワイトニング 審美歯科 補綴
  • インプラントブリッジ入れ歯
  • 矯正歯科
  • 障害者の方へ
  • Q&A
  • 医院案内

UP