虫歯・歯周病

虫歯・歯周病治療

歯が痛む・しみる」方は、虫歯の可能性 「歯ぐきから血が出る」「歯が動く」方は歯周病の検査を!

虫歯の原因と治療法

虫歯の原因

虫歯の原因のイメージ

歯垢や歯石(プラーク)は細菌を放置すると、まわりの歯肉を刺激し結果歯肉炎となり、最終的に歯周病となってしまいます。
一方で、歯ぐきだけでなく、細菌が作り出す酸によって歯のエナメル質が溶かされ、歯に穴が出来てしまいます。

初期の段階ではエナメル質表層は溶けません。
これはまだ初期齲蝕の段階にあり、唾液などにより、歯の質が再生する可能性があります。

歯周病の治療

歯周病の治療のイメージ

日本の成人、5人に4人が歯周病と言われ、大切な歯を失う恐れがある怖い病気です。
近年では、歯周病になってから治療をするのではなく、なる前から予防をする予防歯科に対する意識が高まっております。
ご自宅でケアをすることも大事ですが、歯医者さんでしかできないケア、PMTCやスケーリングなど、ご自宅でのケアに苦戦をしている患者様は一度ご相談ください。

歯周病チェック

健康な歯肉

今後も快適な生活を送れるよう、お口の健康維持ができるよう定期的な予防とメンテナンスをしていきましょう。

歯肉炎

歯と歯茎の隙間に食べかすなどの汚れが溜まり、炎症などの原因になってきます。
所謂、歯周病予備軍と言われる状態です。
このような口の中の状態では、今後歯周病になる危険性が高いと言えます。歯医者で歯のクリーニングなど歯石除去やブラッシングの指導を受け、定期的なメンテナンスを受ける事が望ましいです。

軽度歯周病

磨きづらい歯と歯茎の隙間に歯石がついており、歯周病の菌が溜まっている状態です。
歯石は歯ブラシでは取ることが出来ないので、歯科医院で歯石除去やクリーニングを受けましょう。また、日ごろのケアが重要なので、同時にブラッシング指導を受ける事をお勧めします。

中等度歯周病

歯周病にかかり歯を失うかどうかの瀬戸際の状態といえます。
歯周病が進行すると治すのが難しくなるので、通院回数や治療費、時間も増えてきます。歯科医院でしっかりとケアを行いましょう。そして日ごろのケアを続ける努力が大事です。

重度歯周病

治療にあたり、歯を失う危険性が十分に考えられる状態です。
歯を支えている骨がすり減って、歯がぐらぐらになってしまっています。放っておくとインプラントや入れ歯もできない口腔内環境になってしまうので、メンテナンスやブラッシングなどのケアをおこなう必要があります。

お問い合わせはこちら

  • 初めての方へ
  • 小児歯科について
  • お子さんを歯医者嫌いにしないために
  • 妊婦歯科健診
  • 予防・メンテナンス 口臭治療
  • 予防・メンテナンス 口臭治療
  • 虫歯 歯周病
  • ホワイトニング 審美歯科 補綴
  • インプラントブリッジ入れ歯
  • 矯正歯科
  • 障害者の方へ
  • Q&A
  • 医院案内

UP